痛くない歯医者は何が違うのかを調査

知っておきたい歯科治療と痛みについて

>

歯科治療と痛みについてのお話

どうして歯科治療は痛いのか?

歯科治療が「痛い」理由は幾つかありますが、根本的な問題として敏感な部分を扱っているというところによるものが大きいでしょう。
口腔内は粘膜組織であり、細かな神経や血管が密集している箇所なので、その分デリケートです。
歯の方も虫歯菌に侵食されている場合、普段はエナメル質や象牙質に保護されている神経に直接触れることなるので当然痛みが伴いやすくなります。
更に歯科医治療は、硬い歯を削ったり粘膜を切開したり、注射したりする必要があるためどうしても出血を避けられないという点も大きいでしょう。
つまるところ基本的に、歯科治療というものは痛いと言う前提があると考えてください。
逆に言うと、痛くしないためにはそれ相応の技術が必要であり、痛くないということはそれだけ高い技術を持っているという指標にもなります。

歯科治療で痛みを感じやすい場面

多くの人は歯科治療の中でも特に痛いと感じる場面が二つほどあると思います。
一つは歯を削るとき、もう一つは麻酔をかけるときでしょう。
そしてこの二つは歯科医の差が如実に出る場面でもあります。歯科医自身の腕によるものも大きいですがやはり設備の違いが治療の質の差として出やすいのです。
歯科治療用のドリルの音を聞くのも嫌だという方も多いと思いますが、ドリルが大きいと振動や音も大きく痛みも生じやすい傾向にありますので、ドリルの音が耳に残っている方ほど痛いと感じる機会が多かったかもしれません。
麻酔の方も注射針が大きいと痛みを感じやすくなります。また、麻酔薬の温度と体温に温度差があったり注入スピードが速いと痛みが生じやすくなる傾向があるようです。




このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる