痛くない歯医者は何が違うのかを調査

知っておきたい歯科治療と痛みについて

>

痛くない歯医者さんが痛くない理由

痛くない歯医者とは?

先ほど少し触れましたが、歯科治療用のドリルや麻酔用の注射針は大きいほど痛みを感じやすくなります。
ですので、色々な大きさの器具が揃っているところは痛くない治療をしてくれる可能性が高いと言えるでしょう。
また、治療器具や治療法の合う合わないというのはどうしてもついて回るので、ヒアリングをしっかりやってくれるお医者様であるという点も重要です。
加えて、重要なのは麻酔の上手いお医者様であることです。
歯科治療では、痛みをともなう治療を行うときはほぼ確実に麻酔を行いますので、麻酔でさえ痛みを感じなければ、その後に痛みが生じることはほとんどなくなるでしょう。
更に、変わった方法としては笑気ガスを使って、患者の気分を高揚させることで痛みを感じにくい状態にしてから治療を行うというやり方もあるので、従来の麻酔でも痛いと感じる方は試してみるのも良いでしょう。

痛くない治療法

ある意味究極的な方法とも言えるのですが、歯を削らない治療法というものもあります。
以下はそれらの一例です。
・ヒールオゾン治療
ヒールオゾン治療は殺菌力の強いオゾンを虫歯に照射することによって99%の虫歯菌を除去する治療法です。当然のことながら痛みもほとんど無く、麻酔もほぼ必要ありません。
・プラズマレーザー治療
歯科治療でレーザーを使うことはしばしば見られますが、プラズマレーザー治療はその中でも特に効果が高く痛みもない方法です。
レーザーに使われる強力なプラズマ光球体の熱エネルギーは虫歯菌だけを殺菌できるため歯の神経を残すこともできます。
・エアーアブレージョン治療
エアーアブレージョン治療は、特殊な酸化アルミニウムの粉末と溶液を高圧で虫歯に吹き付け、虫歯のみを除去する治療法です。
虫歯以外に銀歯や詰め物の残骸を取り除くことができるのも特徴と言えるでしょう。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる